タイ・バンコク郊外の釣堀



0 コメント
先日、バンコク郊外の釣堀へ行って来た。



私は特につりに興味があるわけではないが、その釣堀はとても面白かった。皆でワイワイするにはもってこいだ。

まず、なにはともあれ、デカイ。写真では分かりにくいかもしれないが、数多くの光は、馬鹿デカイ池の周りに”浮いて”いる小屋だ。その数、数百。その小屋のひとつを借りて、釣りを楽しむのだ。


   【池を取り囲む小屋】

小屋は、半屋外となっていて、もちろん寝ることもできる。テレビもあるし、料理は電話一つで持ってきてくれる。(あまりに広いので、運び人は、無論チャリンコだ)







そんな部屋でくつろぎながら、酒を呑んだり、メシを食ったりする。



もちろん釣りもやる。ていうか、本来は釣りがメイン。
釣りが大好きな友人は、仕掛け作りに余念がない。



そして、こんなに大きな魚を釣りあげた。驚きだ。



釣ったこのとんでもない大きさの魚は、すぐに逃がされた。
しかし、普通サイズの魚は次の日、友人たちの手によって、揚げられてしまったようだ。僕は食していないけど。



ま、こんな感じで釣りを楽しむのだが、僕は実際に竿を握った時間はほとんどない。ウイスキーを呑みながらトランプ遊びって感じだ。

池をボーと見ながらウイスキーを呑む。気持ちがいいものだ。
日本から友達がきたら、こういうところに招待するのもいいかもしれないなぁなどと思いながら、深夜まで呑んでいた。

帰りは、池に落っこちそうでちょっと怖かった。



ちなみに、小屋の料金。詳しくは忘れてしまったが、確か24時間で2,000円くらいだったように思う。5,6人できたら、一人3~400円。うーん、安い。ただし料理・酒代は別。無論。持ち込みも、不可。

0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.