タイ長距離バス。これいるか?



0 コメント
タイの長距離バスで、「この仕組みはいるか?」といつも思うことについて書いておこう。



北バスターミナルでバス乗り遅れるという最悪の事態になりつつも、僕はなんとか無事にラオスに向かった。

バスは走り出して、10分もしないうちに消灯となった。

皆、眠りにつきはじめる。

スヤスヤだ。

僕もくりぃむしちゅーのポッドキャストを聞きながら、ご他聞にもれず眠りにつくことに。

VIPだけあって、座席数も極端に少なく(3シート8列)、いつものバス車内での睡眠よりも快適な眠りが訪れた。

スヤスヤだ。



しかし、深夜12時半。

突然、車内に電気が灯される。闇を切り裂く強烈な光。

車内がパーと明るくなったことで、皆、キョロキョロしはじめる。

僕もご他聞にもれず、キョロつく。




「休憩でーす!20分間でーす。ご飯の時間でーす!」

車内にこだまする、バスガイドの声。



そう、これは長距離バスではおなじみの光景。夜も深くなるこの時間帯に、なぜか食事をさせるのだ。

でも、いつも思う。

この時間帯の食事休憩はいるか?

別に受験生じゃないんだし。

まぁ、それでも無料ということで、なんだかんだ言っていつもきちんと食べる僕は、一貫的主張にかけているといえば、それまでだが。



ちなみに今回の休憩所は、初めて来たところだったが(バス会社によって休憩所は異なるのだ)、なかなか綺麗な施設だった。





まぁ、便所の男性用を指し示す写真が、タイ東北部のイメージとはかけ離れてはいたが、そこは言いっこなしだ。



そして、そんな男前の写真近くにいたこのタイ人。なんか全体的に凄いことになってたから、写真におさめておいた。



見ず知らずの異国人に、こんな風に写真に撮られたとは、彼は夢にも思っていないはずだ。


応援のほど、よろしくお願いいたします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.