イサーンの病気治療。モーラム・ピーファー儀礼。



0 コメント




ござだけが敷かれた、薄暗い、がらんとした部屋。

冷蔵庫もテレビも、ない。


そんな部屋に1人で住むおばあさんは、我々来訪者を迎えるため、横たえていたござから、ゆっくりと身を起こし、こちらに近づいてきた。

80歳くらいのおばあさんは、体の調子があまり良くないらしい。

我々は、バンコクからの土産を手渡すと、おばあさんはタイ式の挨拶”ワーイ”をして、それを受け取り、部屋の片隅に置いた。


おばあさんとしばし、談笑。

体調が芳しくないおばあさんは、親戚たちの勧めで、モーラム・ピーファー儀礼を受けたという。



モーラム・ピーファー儀礼は、イサーンの村において、病人を治すために行なわれる呪術的な儀礼。

村のピーファー儀礼を行なう女性たち(世襲制)が集まり、踊る。





これにより、天の精霊が女性たちに宿り、病人を快癒に向かわせると信じられているのだ。


僕も以前、ピーファー儀礼を見たが、女性たちはトランス状態になって、踊っていた。





そして、儀礼の甲斐あってか、あれから数年たった今でも、おばあさんは元気だ。

喜ばしい限りである。



しかし、儀礼において踊っていた女性の1人が、儀礼から間もなく、亡くなったらしい。

交通事故だったとか。


人生、分からないものである。



応援のほど、よろしくお願いいたします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.