平地ラオ・裸オヤジの、山の民観。



0 コメント
ワットプー付近まで、あいかわらずのどかな道が続く。

何もないなぁと思っていると、小さな家がポツリ、ポツリ。

集落だ。



学校もある。




何か飲み物でもと思い、日光をよけてボーとしている男達のいる商店に入った。




店のオヤジは裸だ。




「ワット・プーに行きたいのだけど、この道であってます?」

「ああ。この道をまっすぐさ。近いもんだ」



近いのか、と安堵したが、しかし、ここで親父が半笑いになった瞬間を、僕は見逃しはしなかった。






どうも怪しい。

地図で見ても50キロはある道のり。近いだろうか。まぁ、いいか。




さて、今回のラオスの目的はラオトゥン(中腹ラオ)をもっと知ろう!ということ。

そこで裸のオヤジに、ラオトゥンのことを聞いてみた。



「ラオトゥン?ああ、山の連中か。ここいらにはいないよ。

俺らはラオルム(平地ラオ)さ。彼らに会いたければ、もっと山へ行ったほうがいいぞ」

「ええ。そうですね。ただ、今から行くワットプーはもともと、ラオトゥンが大きく関わっているんじゃないでしょうかね?ラオトゥンはもともとは平地に住んでいたわけで・・・」


「昔は知らんが、今、ワットプーはラオスの宝だ。

なんとも素晴らしい、遺跡だよ。見に行くといい」


まぁ、さっき道を聞いたくらいだから、実際に今から行くんだけどね。



ところで、オヤジの言葉。

ワットプーはラオスの宝・・・

言ってみれば、ラオルムの宝。

そこにはラオトゥンに対する意識があまり見られないようだ。



これまでにラオス国家が実施してきた、ラオルム中心のナショナリズム的歴史観や世界観が、こんな辺鄙な田舎にまで根強いている。



うーん。

歴史の中心からは周縁として見られるラオトゥン。

彼らの側から見た歴史像も、今後どんどん描かれなくてはいけないだろう。



別に立場を逆転させて、彼らを中心に、ラオルムを周縁に、という歴史を描かねばというわけではない。

そうではなくて、様々な面の歴史像が提出されて、ナショナルヒストリーが相対化されなくては、ということだ。

いうならば、”歴史像の選択肢”を作らねばってこと。



「そうだ。それを担うのは俺しかいない!」

ジリジリと照りつける日光の下、変な意識と根拠のない自信を胸に、バイクを見つめた。





「気をつけて行ってこいよ!」

オヤジのこの言葉は、これから待ち受ける悪路を想定してのことだとは、このとき僕はまだ知らなかった。





応援のほど、よろしくお願いいたします
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.