童心、父母。



0 コメント


”遠野の地勢を知る”

これが正月、遠野での目的だった。


まずは、遠野の旧家、「曲り家」の千葉家へと向った。

曲り家とは、母屋と馬屋が一体となった住宅のことをいう。

千葉家は170年ほど前の建築というから、期待は高まるばかり。

東北・遠野への、情熱はとまらない。


さて、元旦の遠野は雪が降り始めていた。

午前中、陸前高田では虹が出ていたのに。

やはり、太平洋側の地域と、内陸の山間地域は気候がまったく違うものである。


いや、それにしても東北やね〜。



そんなことを思いながら、窓の外を眺める。


千葉家は中心部からだいぶ外れたところにあった。

しんしんと降る雪のなか、高台に堂々と建っている。



おお。さあ、いざ館内へ…高まる情熱。

が、残念休館。

ホテルの人は休みじゃないと行ってたのに!…

そんなことを思いながら、雪降る千葉家を眺める。


休館と知るやいなや両親、特に母は、そそくさと車へと戻ろうとしている。



母は北海道出身なのに、かなりの寒がり。

早いところ、車に戻って休みたいのだろう。


「ホッ」

母の声とともに、ボフっという音がした。

「いた!はら立つなぁ〜」

笑いながら言う、父の声。




見ると、母が父に向って雪玉を投げている。



そこで、父も負けじと、雪を拾って玉を作りはじめている。

キャッキャと逃げる母。


「いくつだよ」

2人に向って言い放ったが、かく言う僕も、雪玉を作るかどうか、迷っていた。





<関連記事>
夜空に舞う、コムローイ(天灯)。ロッブリーの一家団欒。
ピマーイ遺跡。どことなく感じた”わび”の源泉。
夕方5時からの、ロッブリー風情。
タイ・ロッブリーのプール。日々、分刻みで行動す。
車窓から見たアユタヤー付近の洪水。その大変さを少しだが、でもモロに実感する。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!





0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.